九谷焼作家:仲田錦玉(三代目)
九谷焼伝統技法粒打ち最高技術保持者



サイズ:直径8.5cm×高さ10cm
素材:磁器
箱:桐箱紐通し

明治時代末・大正時代初め頃から広まった九谷焼伝統技法青粒の最高技術保持者仲田錦玉。
地色の上に粒(ちぶ)と称する点の盛り上げが並び、その重厚さと品の良さは万人の認めるところです。
普通の青粒は不規則な位置に粒が打たれていますが、仲田錦玉の粒打ちは渦状や青海波文様状に粒を打たれ、さらに金盛の技術を使いるので、立体感や風格が全く違います。
さらに、その粒の大きさ、色、間隔の均一さは、まさに神業と言っても過言ではありません。



皇太子金沢来訪の際に茶器を献上したり、天皇陛下御来県の折、御使用の蓋付茶器「黄地金唐草」の制作の誉を得たのも納得できます。

この一輪生も、仲田錦玉の真価が発揮された高度な渦打白粒と盛金を堪能できる作品です。
ご自宅で飾るのもよし、贈り物ギフトとしてもおすすめの逸品です。

※実店舗でも販売していますので、売切れ表示が間に合わない場合もございます。ご容赦ください。

【激安アウトレット!】 水色地渦打白粒盛金宝相華唐草[花器 九谷焼3.3号一輪生 仲田錦玉 花瓶 フラワーベース] 花生け-一輪挿し