次の10年を見据えたプロフェッショナルのためのオーディオ・インターフェイス「Fireface 802」


Fireface 802は、現在のRMEの名声を築き上げた銘機Fireface 800の後継となる製品です。
2004年に発売され、10年を経た現在でも現行製品にまったく引けを取らないFireface 800の先進性に富んだ設計を引継ぎながらも、さらなる進化を遂げたFireface 802は30チャンネルずつのオーディオ入出力と、ハイエンド・マイク・プリアンプ、リファレンスクラスのコンバーター、192kHz対応のエフェクト処理など、最新機種に相応しい基本性能を備えています。

USBまたはFireWireによる超低レイテンシーを誇るRMEドライバは、抜群の安定性と信頼性を同時に提供します。
また、優れたジッター制御、全入出力に対して個別に設定可能なリファレンス・レベル、完全なスタンドアロン稼働、RMEのユニークな計測・解析ユーティリティであるDIGICheckなど、数々の機能がWindowsでもMacでも同様にご使用いただけます。

RMEのハイエンド・ミキサーでありルーターとしても機能するTotalMix FXは、
本体に搭載された2基のパワフルなDSPによりEQやダイナミクス、リバーブ/エコーといったエフェクト機能が自由自在なルーティング機能と伴にフル活用いただけます。

すべての機能はクラス・コンプライアント・モードでも使用可能で、TotalMix FX for iPadを利用してiPadからコントロールすることができます。TotalMix FX appは、入出力90チャンネル分のレベル・メーターやエフェクトなど、すべての機能がコンピュータを使用することなくiPadから制御できる優れものです。

Fireface 802はプロ・オーディオに必要なソリューションが19インチの1Uラック・サイズの中に高いレベルで統合されたオーディオ・インターフェイスであり、音質やレイテンシー、安定性に妥協を許さないプロフェッショナルのための製品として、これからの10年を担うマイルストーンとなる製品です。

<接続端子>

30入力 / 30出力チャンネル
アナログ入力 x 12
(うち4chにMic/Instプリアンプ搭載)
アナログ出力 x 12
AES/EBU I/O x 1
ADAT I/O x 2
(1系統はSPDIF I/Oとして使用可)
Word Clock I/O x 1
MIDI I/O x 1
FireWire または USB 接続
TotalMix FX対応
別売:Advanced Remote Control


<アナログI/Oの概要>

背面:

入力:1~8(TRSバランス)
出力:1~8(TRSバランス)

前面:

入力:9~12(XLRバランス/TSアンバランス・コンボジャック)
出力:9/10、11/12(標準フォーン、TRSステレオ、アンバランス)


<技術仕様>


AD、ライン入力 1~8、リアパネル

入力:6.3 mm TRS端子、電子バランス
解像度 :24 bit
S/N比 (SNR):113 dB RMS unweighted、116 dBA
周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.1 dB:5 Hz ~ 20.8 kHz
周波数特性 @ 96 kHz、-0.5 dB:5 Hz ~ 45.8 kHz
周波数特性 @ 192 kHz、-1 dB:5 Hz ~ 92 kHz
THD: < -110 dB, < 0.00032 %
THD+N: < -104 dB, < 0.00063 %
チャンネル・セパレーション:> 110 dB
入力インピーダンス:8 kΩ(アンバランス)、12 kΩ(バランス)
入力感度:Lo Gain/+4 dBu/-10 dBVの切替
入力レベル 0 dBFS @ Lo Gain:+19 dBu
入力レベル 0 dBFS @ +4 dBu:+13 dBu
入力レベル 0 dBFS @ -10 dBV:+2 dBV


マイク入力 9~12、フロントパネル
下記を除きライン1~8と同一:

入力:XLR端子、電子バランス
入力インピーダンス: 3.4 kΩ
S/N比 (SNR):112 dB RMS unweighted、116 dBA
ゲイン・レンジ:54 dB
最大入力レベル Gain +6 dB:+10 dBu


インストゥルメント入力 9~12、フロントパネル
下記を除きライン1~8と同一:

入力:6.3 mm TRS端子、アンバランス
入力インピーダンス: 800 kΩ
S/N比 (SNR):112 dB RMS unweighted、115 dBA
ゲイン・レンジ:54 dB
最大入力レベル Gain +6 dB:+21 dBu


DA、ライン出力 1~8、リアパネル

ダイナミックレンジ (DR):115 dB RMS unweighted, 118 dBA
周波数特性 @ 44.1 kHz、-0.5 dB:5 Hz ~ 20.8 kHz
周波数特性 @ 96 kHz、-0.5 dB:5 Hz ~ 45 kHz
周波数特性 @ 192 kHz、-1 dB:5 Hz ~ 89 kHz
THD:-104 dB、< 0.00032 %
THD+N:-100 dB、< 0.00063 %
チャンネルセパレーション:> 110 dB
出力:6.3 mm TRS端子、サーボ・バランス
出力インピーダンス:75Ω
出力レベル設定: Hi Gain, +4 dBu, -10 dBV
出力レベル 0 dBFS @ Hi Gain:+19 dBu
出力レベル 0 dBFS @ +4 dBu:+13 dBu
出力レベル 0 dBFS @ -10 dBV:+2 dBV

DA、ステレオモニタ出力 9~12、フロントパネル
下記を除きライン1~8と同一:

出力:6.3 mm TRSステレオ端子、アンバランス
出力インピーダンス:30Ω
出力レベル 0 dBFS @ High:+16.8 dBu
出力レベル 0 dBFS @ Low:+2 dBV


AES/EBU

XLR、トランスフォーマー・バランス、ガルバニック絶縁、AES3-1992に準拠
出力レベル:Professional 4.5 Vpp、Consumer 2.6 Vpp
Professionalフォーマット:AES3-1992 Amendment 4に準拠
Consumer (SPDIF)フォーマット:IEC 60958に準拠
シングル・ワイヤー・モード、サンプル・レート28 kHz~200 kHz


ADATオプティカル

TOSLINK x 2系統
標準:2 x 8チャンネル(24bit/48 kHzまで)
Double Speed (S/MUX):2 x 4チャンネル 24 bit 96 kHz
Quad Speed (S/MUX4):2 x 2チャンネル 24 bit 192 kHz
Quad Speed (Windows USB):1 x 2チャンネル 24 bit 192 kHz


SPDIFオプティカル(ADAT2ポート)

1 x オプティカル、IEC 60958に準拠
標準:2 x 8チャンネル(24bit/48 kHzまで)


ワード・クロック

BNC端子
出力レベル@75 Ω(スイッチによるターミネーション切替)
サイズ(ラック耳含):483mm(幅) x 44mm(高)x 242mm(奥)
サイズ(ラック耳無):436mm(幅) x 44mm(高)x 235mm(奥)
質量:3000g
消費電力:22W



<動作環境>

Windows

Windows XP SP2/Vista/7/8 以降(32bit/64bit)
USB 2.0端子(Intel Core 2 Duo シリーズ以上のCPUを搭載したコンピュータが必要)または、FireWire端子(400/800)

Mac

Mac OS X 10.6以降、Intel Mac
USB 2.0端子(Intel Core 2 Duo シリーズ以上のCPUを搭載したコンピュータが必要)または、FireWire端子(400/800)

※WindowsとMac OS Xで、それぞれのドライバはまったく同等の機能と動作を提供します。DIGICheckのいくつかの機能はMac版では使用できません。

【楽天スーパーセール】 RME/Fireface 802-オーディオインターフェイス

【楽天スーパーセール】 RME/Fireface 802-オーディオインターフェイス

【楽天スーパーセール】 RME/Fireface 802-オーディオインターフェイス

JW Player goes here

CMギャラリー

Яボーズ/BOSE【L1 Compact system】ポータブルシステム
当社は個人情報を大切に取扱うことを社会的責任と考えプライバシーマークを取得しております。

YAMAHA STAGEPAS 600BT スピーカースタンド ダイナミックマイク(3本) マイクアクセサリー付き PAセット [Dset]